« 【鍋を囲んで】おでん | トップページ | 【初節句】五人ばやしの笛太鼓~♪ »

【土鍋の手入れも兼ねて】ほっとする味お粥

とにかく色々と土鍋を使ってみたくて、今度はお粥に挑戦。
お粥を炊くことで鍋の小さな隙間を埋めてくれる。

作家の稲葉直人さんにいただいた土鍋の使い方にも、
「土鍋はお使いいただくうちに必ずひびが入りますが問題はありません。
もし漏れてくるようなら、もう一度お粥を炊いてください」
とある。

漏れがあったわけではないが、頻繁にお粥を炊いたり、雑炊をしたりすると、
お米のでんぷんが糊となって、隙間を埋めてくれるようなので、
土鍋のお手入れも兼ねてお粥を炊いてみた。

※土鍋の使い始めについては以前ブログ内でも
【使い始めが肝心】土鍋のお手入れ

Kayu_hashi

お粥はご飯を炊くのとは違い、失敗する可能性は低いので火加減だけ注意して。
米に対して7倍の水を入れる七分粥。

吹きこぼれないように鍋と蓋の間に割り箸をはさんで。

鍋から湯気が。
米のいい香りがする。
待つこと30分。

Kayu

仕上がったお粥は舌の上にのると自然にとけるかのような柔らかさ。

Kayu4

お粥といえば、梅干との相性も抜群。

Kayu2_2

子供の頃は病人食の印象しかなかったお粥。
米を水で炊いただけなのに、何でこんなにも美味しく、ほっとするのだろう。

茶粥や芋粥、色々と試してみよう。

Kayu3

お粥は入れる水の量によって
全粥…米の5倍の水(米粒もしっかりとして箸でも食べられます)
七分粥…米の7倍の水(米粒は残ります)
五分粥…米の10倍の水(米粒が崩れてとろとろに)

【土と炎の魅力】伊賀焼土鍋・稲葉直人さん
【使い始めが肝心】土鍋のお手入れ

器は
土鍋…伊賀焼、稲葉直人さん黒織部土鍋二人用
その他器…会津漆器工房鈴武さんの一汁三菜椀揃

汁椀、飯椀、小鉢、小皿、取皿が入子になっている便利で使い勝手の良い器です。

|

« 【鍋を囲んで】おでん | トップページ | 【初節句】五人ばやしの笛太鼓~♪ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

土鍋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518829/10288107

この記事へのトラックバック一覧です: 【土鍋の手入れも兼ねて】ほっとする味お粥:

« 【鍋を囲んで】おでん | トップページ | 【初節句】五人ばやしの笛太鼓~♪ »