« 【とろりとした出汁・生姜の風味が美味】京風たぬきうどん | トップページ | 【粒マスタードの酸味が効いた】大根葉サラダ »

【つやつやふっくら】土鍋で炊くご飯・おこげも香ばしい

土鍋ご飯に初挑戦。

炊飯器以外で炊くご飯は子供の頃飯盒で炊いて依頼なので、わくわくドキドキ。

生煮え、硬い、こげ、じゅくじゅく。
正直失敗するイメージしかわかない。

Kometaki5

個展で土鍋と一緒にいただいた手順書に沿って、まずは米をとぎざるにあげる。
その後、水を適量計ってつけ置き。

この水の分量、
「おおよそ1カップに二割り増し」
「何度か試して適量を見つけてください」
という様に書かれている。
個展で稲葉さんからもそう説明を受けた。
新米なら水を少なめ。
自宅のコンロの火力によっても変わってくる。

とりあえず今回初めて炊くので、硬くて芯が残るよりは柔らかいほうが良いだろう、と思い気持ち多めで水を入れる。

Kometaki3

点火。

まずは中火で。
煮えたら弱火に。
二合ならおおよそ18分。

Kometaki4

鍋の穴から湯気が出てきて、お米のいい臭いがしてくる。
途中、様子を見るために蓋を開けたい衝動をぐっとこらえる。

Kometaki2

炊き上がりの時間が近づいてきた。

鍋から出る煙の臭いを嗅ぎながら、様子を見て。
10秒ほど火を強め、火をきる。
その後15分ほど蒸らす。

蓋を開ける緊張感。
ちゃんと炊けているか。

Kome

もわっと湯気が上がり、その下にきらきらと光る真っ白なご飯が。
やった!
わずかだがおこげも出来ていた。

Kome2

口に含めば米の美味しさがいっぱいに広がる。
かめばかむほど甘さが増す。

土鍋で炊いたご飯は、炊飯器のものより甘く一粒一粒の形がしっかりとしている。
おこげはカリカリしていて、香ばしい。

塩辛、佃煮、漬物などを用意していたがそんなものが必要ないくらい、
というより、それらと一緒に食べるのがもったいないと思うほど、
お米の味がしっかりと出て、ふわっと広がる甘み。

Kome3

あっという間に二合を夫婦二人で平らげた。
準備と手間は炊飯器の比ではなくかかるが、この味はくせになりそう。

Butajiru

具をいっぱい入れて豚汁と一緒にいただきました。

伊賀焼黒織部土鍋・稲葉直人さん

食器…会津漆器工房鈴武・一汁三菜椀

|

« 【とろりとした出汁・生姜の風味が美味】京風たぬきうどん | トップページ | 【粒マスタードの酸味が効いた】大根葉サラダ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

土鍋」カテゴリの記事

コメント

美味しそう♪

これからも楽しませて頂きます。

ブログ応援しています♪ポチっ!

投稿: ぴかり | 2008年2月 8日 (金) 16時16分

ぴかり さん

コメントいただきどうも有難うございます!

ぴかりさんのブログも拝見させていただきます。

投稿: pappa22 | 2008年2月 8日 (金) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518829/10334031

この記事へのトラックバック一覧です: 【つやつやふっくら】土鍋で炊くご飯・おこげも香ばしい:

« 【とろりとした出汁・生姜の風味が美味】京風たぬきうどん | トップページ | 【粒マスタードの酸味が効いた】大根葉サラダ »