« 【土鍋で雑炊】酒盗(鯛わた塩辛)雑炊 | トップページ | 【初めての育児】首もすわってスリングで縦抱き »

【春の風物詩】いかなごの釘煮

実家の母からいかなごの釘煮が届きました。

0803191

春の風物詩いかなご。
私たちも昨年までは、妻がせっせといかなご釘煮専用の鍋を振って作ってくれていたのですが、今年はのんちゃんが産まれ育児にかかりっきりになっており、すっかりいかなごの事を忘れていました。

明石の魚の棚市場まで出かけ、3kg~5kgほど仕入れ数回に分け、その都度微妙に味付けを変えて色々試して作ります。

0803192

釘煮にしたいかなごはご飯にのせたり、法蓮草などと和えたりあると色々重宝します。
その他に、さっと茹でて釜あげにし、そのままぽん酢で食べたり、水菜と和えたり、にんにくと唐辛子を効かせたパスタに入れたり短い期間にたっぷりといかなごを堪能していました。

0803193

また、いかなごが大きくなったものは古背(ふるせ)と呼ばれ、こちらも釘煮と同じ要領で煮ると、新子のいかなごとは違った味で美味しいです。

魚の棚に行くと大体値段は決まってほぼ同じなのですが、どこが安いか物色しながら明石焼や、出来立てのじゃこ天などの練り物、コロッケやお寿司を食べ歩くのも楽しみの一つ。
最後には駅構内のたいやきで締めます。

今年はのんちゃんが産まれたばかりで出かける事が出来ませんが、来年からまた我家の春の恒例行事として再開出来ればと思います。

|

« 【土鍋で雑炊】酒盗(鯛わた塩辛)雑炊 | トップページ | 【初めての育児】首もすわってスリングで縦抱き »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/518829/11510180

この記事へのトラックバック一覧です: 【春の風物詩】いかなごの釘煮:

« 【土鍋で雑炊】酒盗(鯛わた塩辛)雑炊 | トップページ | 【初めての育児】首もすわってスリングで縦抱き »