カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

【松山土産】一六タルト

仕事で松山に行く機会がありお土産として購入した一六タルト。

0804281

カステラ生地の中に柚子の香りがする餡をくるんでいます。
子供の頃食べた記憶があり、正直なところこの柚子の香りが好きではありませんでした。
味覚が変わってどうか?と思い妻のお土産に購入しました。

0804282

一本入り630円

0804283

類似品がいくつかあり、栗入りのタルトも美味しそうでした。

0804284

1ロールで11個にカット済みですので開封してすぐに食べられます。

0804285

妻も「昔はこの柚子の風味があまり…」らしかったのですが、味覚が変わったのか、二人で美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【土鍋三昧】鶏の照り焼丼

土鍋で炊いたご飯で丼。

鶏のむね肉を使って照り焼丼。

0804081

材料2人分

  • 鶏むね肉200g
  • 醤油大さじ2
  • 酒大さじ1
  • みりん大さじ1
  • 砂糖少々
  • 玉葱1個
  • もみのり

0804082

漬けダレに鶏肉を漬け込んで、フライパンで玉葱と焼いて出来上がり。

0804083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【蓋を開ける楽しみ】土鍋炊き込みご飯・小海老と大根

0804031

土鍋料理はわくわくする。

0804032

蓋を開けた瞬間立ち上る湯気、香りがふわっと広がる。

特に初めての料理はどんな感じに仕上がっているか、期待と不安が入り混じり蓋を取る瞬間緊張する。

0804033

今回挑戦したのは小えびと大根の炊込みご飯。

0804036

小えびはさっとフライパンで炒めると香ばしい香りが増します。

0804034

1cm角のサイコロ状に切って入れた大根は口に含めば溶けるほど柔らかくなっていて、口に甘みがじゅっと広がります。

0804035

カリカリとした歯ごたえのおこげも出来ていますが…

0804038

今回はちょっと焦げ気味…
炊込みご飯の場合は、白米を炊く時より火加減調整が難しいです。

0804037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お酒は気持ちで】泡盛瑞泉

私はお酒は楽しいとき、うれしいときに飲むと、酔いが回れば回るほど、そのうれしさ、楽しさが増幅されていくように感じます。

0804021

大好きな泡盛をいただきました。
『瑞泉ずいせん』です。

0804022

帰りにコンビにでロックアイスを仕入れて、唐津焼中川自然坊さんの刷毛目そば猪口で。

0804023

迫力のある刷毛目で向きでがらりと表情を変えます。

0804025

ロックアイスだとお酒が美味しくいただけ、かつ透き通って、器の表情が良く見えお酒を口に運ぶ楽しさが増します。

0804024

瑞泉、とっても美味しくいただきました。
これからこの銘柄にはまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【初めての育児】お食い初めのおすそ分け

0803261

前回のブログで書いたお食い初め。
無事に終わり、おすそ分けをいただきました。

0803262

お赤飯

0803263

鯛塩焼き

ひれの付け根、頬肉(ほほ肉)は身がしまって美味しいです。

0803264

菜の花胡麻和え

胡麻ペーストをぽん酢で溶き、和えるだけ。
ほろ苦くて美味しかったです。

0803265

大根とがんもどきの煮物

0803266

蛤のお吸物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【初めての育児】お食い初め

生後百日を過ぎ、互いの両親が集まれる日を選んで、のんちゃんのお食い初めをしました。
「お食い初め」と言っても、勝手が分からなかったので、以下のサイトを参考にしました。
お食い初め - [冠婚葬祭]All About

080324okz10

○我家なりのお食い初め
子供が一生食べ物に困らないように願うお祝いの儀式。
互いの両親とも「代々伝わっているやり方」というものもなかったので、我家なりにのんちゃんの幸せを願い行うことにしました。

○料理はどうする?
まずは料理ですが、こちらは一汁三菜が基本ということです。
赤飯などのご飯もの、吸い物、煮物、鯛などの焼魚、香の物…

「赤飯は炊きたいけどもち米をどうしよう?」
「鯛は何日か前にスーパーに言っておけば用意してもらえるかな?」
と色々と悩んでいると、実家の母から

080324okz3

「赤飯と鯛、あと煮物を用意してあげる」とありがたい電話が。
遠慮なく甘えることにし、更にあつかましく妻の実家にはお吸い物をお願いしました。
これで食べ物は解決です。

080324okz2

『我家のお食い初めの献立』
-のんちゃんの幸せと長寿を願って両家のおじいちゃんおばあちゃん、そして新米ママとパパから-

080324okz5

  • ご飯…赤飯
  • 吸物…蛤・三つ葉
  • 煮物…大根・海老がんもどき・菜の花
  • 焼物…鯛塩焼き
  • 香の物…梅干
  • デザート…苺
  • 歯固めの石

梅干はそのしわしわな姿から長寿を願い、歯固めの石は歯のように丈夫な歯が生えるように、という意味があるそうです。

歯固めの石は、サイトに

「小石は氏神の境内や河原や海岸など水辺の石をもってきたりする事が多いようです。」

とありましたので、水辺に綺麗な石を拾いに行きました。

080324okz12

○お膳はどうする?
そして前後しますが、料理を盛り付けるお膳。

080324okz9

「ちゃんと正式なものを用意してあげようか。」
とも悩みましたが妻と相談の上、出産のお祝いでいただいた離乳食の器と、気が早すぎますがたまたまいいものが安くあったので、のんちゃん用に買ってあった大隈美佳さんの食器を使うことにしました。

080324okz11

↑大隈美佳さんの器。
実はまだのんちゃんが産まれる前にフライングで買った器です。
うさぎの絵がとってもかわいく描かれています。
このほかに、犬の絵付けがされた楕円のお皿、小皿を購入しました。
早く使えるようになるといいなあ。

○お食い初めの始まり始まり
お膳も整いさあ儀式の始まりです。

080324okz4

前述のAll Aboutには、

「正式には「養い親」が箸をとり食べさせるマネをします。「養い親」とは祖父母や親戚のなかの長寿の人ですが、これも長寿にあやかると言う意味があります。
男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。
現代風ではこれにこだわる必要もなく、両親だけでおこなう場合も父親が行えばいい記念になります。」

とありました。

080324okz7

のんちゃんは私たちにとって初めての子供、互いの両親にとっても初孫なので、良い思い出になれば、と思い順番に食べさせていくことにしました。

  1. 赤飯…妻方の父
  2. 吸物…妻方の母
  3. 焼物…私の父
  4. 煮物…私の母
  5. 香の物…私
  6. 歯固めの石と実際に赤飯を一粒食べさせる…妻

080324okz6

赤飯もあたえてみると一粒ぺろりと食べてくれました。
調子に乗ってもう一粒、と口に運ぶとこちらはぷいっと口から出してしまいましたが…

○のんちゃんお疲れ様
のんちゃんには突然たくさん人が増えて、しかもなんだかわけがわからぬうちに色々事が進んで行き、とても疲れたと思いますが、互いの両親とも大変喜んでくれました。
これで無事にお食い初めを終えることが出来ました。

080324okz8

のんちゃんお疲れ様。
これからもすくすくと元気に成長してね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鮑あわび三昧】ステーキ・お造り・炊込みご飯

妻の実家より取れたてピチピチ新鮮な、まだ生きているアワビをいただきました。
しかも3個も!

鮮度が落ちないうちに早速調理していただき、贅沢な食卓になりました。

0803241

一品目はステーキで。
バターで焼いただけで味付けは一切なしにしました。

0803242

厚みもあってとても立派なアワビです。
火を入れることで驚くほど柔らかくなり、旨みがじゅわーっと染み出てきます。

0803243

二品目はお造り。
やはり新鮮なアワビですからそのままでいただきます。

コリッコリとした歯ごたえで口の中に磯の風味が広がります。

0803244

三品目は炊込みご飯。

米二合に対し、醤油と酒小さじ1

0803245

おこげもばっちりです!
炊込みご飯の場合、土鍋の底が焦げ付きやすいので、煙の匂いに注意しながら。

0803246

贅沢にもアワビ丸々一個入りでしかも土鍋炊きのアワビの炊込みご飯。
大変贅沢な一品です。

0803247

【あっぱれ大根!】大根と鶏肉のスープで紹介したスープと一緒に。

0803248

とっても美味しかったです。

感謝感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【春の風物詩】いかなごの釘煮

実家の母からいかなごの釘煮が届きました。

0803191

春の風物詩いかなご。
私たちも昨年までは、妻がせっせといかなご釘煮専用の鍋を振って作ってくれていたのですが、今年はのんちゃんが産まれ育児にかかりっきりになっており、すっかりいかなごの事を忘れていました。

明石の魚の棚市場まで出かけ、3kg~5kgほど仕入れ数回に分け、その都度微妙に味付けを変えて色々試して作ります。

0803192

釘煮にしたいかなごはご飯にのせたり、法蓮草などと和えたりあると色々重宝します。
その他に、さっと茹でて釜あげにし、そのままぽん酢で食べたり、水菜と和えたり、にんにくと唐辛子を効かせたパスタに入れたり短い期間にたっぷりといかなごを堪能していました。

0803193

また、いかなごが大きくなったものは古背(ふるせ)と呼ばれ、こちらも釘煮と同じ要領で煮ると、新子のいかなごとは違った味で美味しいです。

魚の棚に行くと大体値段は決まってほぼ同じなのですが、どこが安いか物色しながら明石焼や、出来立てのじゃこ天などの練り物、コロッケやお寿司を食べ歩くのも楽しみの一つ。
最後には駅構内のたいやきで締めます。

今年はのんちゃんが産まれたばかりで出かける事が出来ませんが、来年からまた我家の春の恒例行事として再開出来ればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【土鍋で雑炊】酒盗(鯛わた塩辛)雑炊

伊賀焼稲葉直人さん土鍋。

本当に使うのが楽しくて、次は何を作ろうか、考えるのも楽しみです。

080319do1

鯛わたの塩辛が手に入ったので、それを使って雑炊にしました。

080319do2

稲葉さんの土鍋はブログ内で色々と取り上げておりますので、よろしければカテゴリーの「土鍋」もしくは以下からご覧下さい。

特に土鍋で炊くご飯はお勧めです!
多少水っぽかったり、最初のうちはコツがつかみにくいですが、それでも炊飯器で炊くご飯に比べて格段に美味しくいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【土鍋ご飯で丼!】鶏団子の親子丼

久しぶりに土鍋ご飯。
水分量や加熱時間などもようやくコツがつかめてきました。
とは言っても、土鍋でご飯って思っていたよりも簡単に、そして想像以上に美味しく炊けます。

0803176

好き嫌いはあるでしょうが、土鍋ご飯の楽しみの…

0803177

おこげもばっちり。
カリカリとした歯ごたえと香ばしさがたまりません。

0803173

その土鍋で炊いたご飯をつかってこの日は丼にしました。
鶏ミンチで団子を作って、鶏団子の親子丼。

0803172

材料(二人前)

  • ご飯二合
  • 鶏ミンチ200g
  • 玉葱半分
  • 卵4個
  • 出汁少々
  • 醤油大さじ2
  • 味醂大さじ3

0803175

作り方

  1. 鶏ミンチで団子を作りフライパンで焼目がつく程度に過熱
  2. 鶏団子を焼いたフライパンで、玉葱をさっと加熱
  3. 2に出汁を注ぎ、沸騰したら味醂、醤油を加え味を確認
  4. 3に鶏団子を入れ火が通るまで加熱
  5. とき卵を入れてお好みのかたさに加熱して出来上がり

0803171

卵もとろっと仕上がりました。

0803174

大根の味噌汁と一緒に

○器は

  • 土鍋…伊賀焼稲葉直人さん黒織部土鍋(二人用)
  • 丼…唐津焼中川自然坊さん絵唐津三角鉢
  • 椀…会津漆器工房鈴武さん一汁三菜椀
  • 匙…会津漆器工房鈴武さんのスプーン
  • テーブル…会津漆器工房鈴武さんちゃぶ台

今週3月19日(水)NHK『器夢工房』の再放送で稲葉直人さんが放送されます。
うっかり、先週放送されていたものは見逃していました…
今週は録画予約して、見逃さないようにしなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧