カテゴリー「器」の記事

【赤膚焼】大塩正人さん珈琲カップ

実家にあるお気に入りのコーヒーカップ。

0805071

赤膚焼(あかはだやき)大塩正人窯の物。

0805072

奈良絵の絵付けが可愛らしく、釉薬の質感から柔らかな温かみを感じます。

0805073

実家に帰った時は必ずこのカップでコーヒーをいただくようにしています。
私だけ…

0805074

| | コメント (16) | トラックバック (0)

備前酒器

焼物が好きで、その中でもきっかけとなった酒器がやはり一番好きです。

ぐい呑などはとても小品ですが、その中にギュッと作家さんの思いや焼物の魅力が凝縮されているように感じます。

Bizen_2

我家の備前酒器

手前右から時計回りに、

○大桐大さん火襷ぐい呑
○中村真さんぐい呑
○作者不明で実家にあったものを拝借
○大澤恒夫さん徳利

Syokutaku7

丸田宗彦さんの斑唐津ぐい呑と

| | コメント (0) | トラックバック (4)

【奈良絵】赤膚焼大塩正人窯銘々皿

可愛らしい奈良絵。
赤膚焼大塩正人さんの銘々皿。

Uts_oshio_mei7

五枚組みで一枚一枚絵付けが違う。

Uts_oshio_mei2

ツバメ

Uts_oshio_mei3

鳥と建物の中に人二人

Uts_oshio_mei4

分かりにくいが楽器を弾く人と山並み

Uts_oshio_mei5

松?と飛天?

Uts_oshio_mei6

トンボと人二人

Uts_oshio_mei1_2

裏は足つき

とても柔らかい釉薬の質感と可愛らしい奈良絵の絵付。
思わず顔がほころんでしまう様な器です。

奈良ホテルへ宿泊した際、売店で見つけた物。
翌日窯元へ行く予定にしていましたが、売店でお買物をしたので窯元へは行かず仕舞になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【魅惑の酒器】唐津焼木俣薫さん

神戸にて唐津焼を作陶されている木俣薫さん。

私が初めて手に入れた唐津焼の酒器を今回はご紹介します。

0804176

斑唐津片口。
すっきりとした形とさわやかな発色が気に入って購入しました。
お酒を注げば、見込みの景色がゆらゆらと表情を複雑にしてくれます。

0804175

今回は大桐大さんの備前焼火襷ぐい呑みと合わせて、片口にロックアイスをたっぷりと入れて泡盛の水割りをいただきました。

0804171

お次は斑唐津ぐい呑み。

0804173

盃状で見込みが広く、お酒を注ぐとこちらも表情豊かに。

| | コメント (38) | トラックバック (0)

【土鍋三昧】土鍋のひび

今年の個展で買った稲葉直人さんの土鍋。
とても気に入って使っている。

0804101

この土鍋にヒビが入っている。

0804102

最初はわずかに、やがて使うたびにちょっとずつ横に伸びていった。

0804105

もちろん買った時はひび一本入っていない。

ただ、このヒビについては作家の稲葉さん本人からも、またいただいた土鍋の使い方にも「使ううちに必ずヒビが入ります」とある。
だから使用には全く問題はないのだろうし、今のところ水漏れもしない。

でもやっぱり気になる!

ヒビが入り始めた頃は、使うたびにヒビとにらめっこ。
ちょっとずつ伸びてくるヒビにやきもきしていた。

今はヒビが大きくなるのもとまり、次第に我家の土鍋の「味」として雰囲気が出てきている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【蓋を開ける楽しみ】土鍋炊き込みご飯・小海老と大根

0804031

土鍋料理はわくわくする。

0804032

蓋を開けた瞬間立ち上る湯気、香りがふわっと広がる。

特に初めての料理はどんな感じに仕上がっているか、期待と不安が入り混じり蓋を取る瞬間緊張する。

0804033

今回挑戦したのは小えびと大根の炊込みご飯。

0804036

小えびはさっとフライパンで炒めると香ばしい香りが増します。

0804034

1cm角のサイコロ状に切って入れた大根は口に含めば溶けるほど柔らかくなっていて、口に甘みがじゅっと広がります。

0804035

カリカリとした歯ごたえのおこげも出来ていますが…

0804038

今回はちょっと焦げ気味…
炊込みご飯の場合は、白米を炊く時より火加減調整が難しいです。

0804037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【お酒は気持ちで】泡盛瑞泉

私はお酒は楽しいとき、うれしいときに飲むと、酔いが回れば回るほど、そのうれしさ、楽しさが増幅されていくように感じます。

0804021

大好きな泡盛をいただきました。
『瑞泉ずいせん』です。

0804022

帰りにコンビにでロックアイスを仕入れて、唐津焼中川自然坊さんの刷毛目そば猪口で。

0804023

迫力のある刷毛目で向きでがらりと表情を変えます。

0804025

ロックアイスだとお酒が美味しくいただけ、かつ透き通って、器の表情が良く見えお酒を口に運ぶ楽しさが増します。

0804024

瑞泉、とっても美味しくいただきました。
これからこの銘柄にはまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【子供の食器】大隈美佳さんの器

のんちゃんが産まれる前に見つけて買ってしまった食器。

大隈美佳さんの器。

とってもかわいい絵付けがされている。

0804011

楕円形の器には犬の絵付け。

0804012

裏側にワンポイント、犬の足跡。

080324okz11

円形の器にはうさぎの絵付け。

女の子ののんちゃんはこっちを喜ぶかな?

0804013

裏側には鳥の絵が。

一緒に使える日を首をながーくして待っています。

それまでに、ご飯茶碗なども手に入るといいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【初めての育児】お食い初め

生後百日を過ぎ、互いの両親が集まれる日を選んで、のんちゃんのお食い初めをしました。
「お食い初め」と言っても、勝手が分からなかったので、以下のサイトを参考にしました。
お食い初め - [冠婚葬祭]All About

080324okz10

○我家なりのお食い初め
子供が一生食べ物に困らないように願うお祝いの儀式。
互いの両親とも「代々伝わっているやり方」というものもなかったので、我家なりにのんちゃんの幸せを願い行うことにしました。

○料理はどうする?
まずは料理ですが、こちらは一汁三菜が基本ということです。
赤飯などのご飯もの、吸い物、煮物、鯛などの焼魚、香の物…

「赤飯は炊きたいけどもち米をどうしよう?」
「鯛は何日か前にスーパーに言っておけば用意してもらえるかな?」
と色々と悩んでいると、実家の母から

080324okz3

「赤飯と鯛、あと煮物を用意してあげる」とありがたい電話が。
遠慮なく甘えることにし、更にあつかましく妻の実家にはお吸い物をお願いしました。
これで食べ物は解決です。

080324okz2

『我家のお食い初めの献立』
-のんちゃんの幸せと長寿を願って両家のおじいちゃんおばあちゃん、そして新米ママとパパから-

080324okz5

  • ご飯…赤飯
  • 吸物…蛤・三つ葉
  • 煮物…大根・海老がんもどき・菜の花
  • 焼物…鯛塩焼き
  • 香の物…梅干
  • デザート…苺
  • 歯固めの石

梅干はそのしわしわな姿から長寿を願い、歯固めの石は歯のように丈夫な歯が生えるように、という意味があるそうです。

歯固めの石は、サイトに

「小石は氏神の境内や河原や海岸など水辺の石をもってきたりする事が多いようです。」

とありましたので、水辺に綺麗な石を拾いに行きました。

080324okz12

○お膳はどうする?
そして前後しますが、料理を盛り付けるお膳。

080324okz9

「ちゃんと正式なものを用意してあげようか。」
とも悩みましたが妻と相談の上、出産のお祝いでいただいた離乳食の器と、気が早すぎますがたまたまいいものが安くあったので、のんちゃん用に買ってあった大隈美佳さんの食器を使うことにしました。

080324okz11

↑大隈美佳さんの器。
実はまだのんちゃんが産まれる前にフライングで買った器です。
うさぎの絵がとってもかわいく描かれています。
このほかに、犬の絵付けがされた楕円のお皿、小皿を購入しました。
早く使えるようになるといいなあ。

○お食い初めの始まり始まり
お膳も整いさあ儀式の始まりです。

080324okz4

前述のAll Aboutには、

「正式には「養い親」が箸をとり食べさせるマネをします。「養い親」とは祖父母や親戚のなかの長寿の人ですが、これも長寿にあやかると言う意味があります。
男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。
現代風ではこれにこだわる必要もなく、両親だけでおこなう場合も父親が行えばいい記念になります。」

とありました。

080324okz7

のんちゃんは私たちにとって初めての子供、互いの両親にとっても初孫なので、良い思い出になれば、と思い順番に食べさせていくことにしました。

  1. 赤飯…妻方の父
  2. 吸物…妻方の母
  3. 焼物…私の父
  4. 煮物…私の母
  5. 香の物…私
  6. 歯固めの石と実際に赤飯を一粒食べさせる…妻

080324okz6

赤飯もあたえてみると一粒ぺろりと食べてくれました。
調子に乗ってもう一粒、と口に運ぶとこちらはぷいっと口から出してしまいましたが…

○のんちゃんお疲れ様
のんちゃんには突然たくさん人が増えて、しかもなんだかわけがわからぬうちに色々事が進んで行き、とても疲れたと思いますが、互いの両親とも大変喜んでくれました。
これで無事にお食い初めを終えることが出来ました。

080324okz8

のんちゃんお疲れ様。
これからもすくすくと元気に成長してね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鮑あわび三昧】ステーキ・お造り・炊込みご飯

妻の実家より取れたてピチピチ新鮮な、まだ生きているアワビをいただきました。
しかも3個も!

鮮度が落ちないうちに早速調理していただき、贅沢な食卓になりました。

0803241

一品目はステーキで。
バターで焼いただけで味付けは一切なしにしました。

0803242

厚みもあってとても立派なアワビです。
火を入れることで驚くほど柔らかくなり、旨みがじゅわーっと染み出てきます。

0803243

二品目はお造り。
やはり新鮮なアワビですからそのままでいただきます。

コリッコリとした歯ごたえで口の中に磯の風味が広がります。

0803244

三品目は炊込みご飯。

米二合に対し、醤油と酒小さじ1

0803245

おこげもばっちりです!
炊込みご飯の場合、土鍋の底が焦げ付きやすいので、煙の匂いに注意しながら。

0803246

贅沢にもアワビ丸々一個入りでしかも土鍋炊きのアワビの炊込みご飯。
大変贅沢な一品です。

0803247

【あっぱれ大根!】大根と鶏肉のスープで紹介したスープと一緒に。

0803248

とっても美味しかったです。

感謝感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧